骨格ストレートの選び方

細見えするトップスの選び方

骨格ストレートの方は、首が短いという特徴を持っています。そのため、トップスを選ぶときは最初に首元のデザインに注目しましょう。重要なポイントは、首の長さをうまくカモフラージュすることです。デコルテまで見えるトップスを着て付け根をごまかすか、タートルネックを選んで首全体を隠すことをおすすめします。次に、素材にもこだわりましょう。骨格ストレートの方は、ツルっとしてハリのある生地が似合いやすいです。

ただし、装飾が多すぎるとボリュームが出すぎてしまうので、なるべくシンプルなものをチョイスしましょう。さらに、袖の形も重要なポイントです。骨格ストレートの特徴である丸い肩が強調されるため、パフスリーブはなるべく避けてくださいね。

すっきりと見えるボトムス選び

骨格ストレートの方は、下半身にボリュームが出やすいです。そのため、ふわふわとしたフレアスカートはあまり似合いません。ボリュームが強調されて太って見える可能性があるため、スカートの場合はタイトなデザインが適しています。あまり広がらない素材で、ストンと縦に長いものを選びましょう。

パンツをはく場合は、テーパードパンツがぴったりです。テーパードパンツとは、裾に向かって細くなるデザインのパンツです。脚のラインを拾いすぎないため、すっきりと細く見えます。きれいなシルエットによって、脚長効果も期待できるでしょう。デニムをはきたいのであれば、センタープレスのストレートデニムをおすすめします。縦のラインを意識してコーディネートを組むことが大切です。